プロフィール


◆氏名

中尾 真美 (Mami  NAKAO)


◆所属

シュシュ✳︎カルテット

アンサンブル・パヴィヨン

ニュー・ライン・ブラス

えくれあ。

トランペットデュオ・トラージュ

ママさん吹奏楽シエスタ指揮者 

エリシオン・フィルハーモニー・オーケストラ 客演首席トランペット奏者

ストーリアオーケストラ

 

◆プロフィール

  大阪府出身。大阪市立東高等学校普通科文Ⅱ(音楽)コースを経て、相愛大学音楽学部音楽学科管楽器トランペット専攻卒業。自らの音楽的理想を追い求め、様々な活動を通して視野の広い音楽活動を行っている。
 16歳でトランペットを始め、同大学に進学。在学時より自らの活動姿勢を明確にし、編曲のスキルを生かして自身の企画によるアウトリーチ・コンサート(依頼演奏会等)、室内楽、オーケストラ等の演奏を通して経験を積む。ソロ活動も精力的にこなし、第17回東大阪市新人演奏会、同大学大阪市部新人演奏会等に出演。
 ヴァイオリン、チェロ、トランペット、ピアノの女性4人による「ChouChou✳︎Quartet」や、関西のフリーランス奏者で結成された「Ensenble Pavillon」のほか、「New Line Brass」「えくれあ。」「トランペットデュオ・トラージュ」「ストーリアオーケストラ」各メンバー。九州でゲーム音楽を専門に演奏する「エリシオン・フィルハーモニー・オーケストラ客演首席トランペット奏者。 また、諸団体の指揮・指導や個人レッスン等、教育にも精を出す。ジークレフ・ポピュラーミュージック・スクール、出張レッスントホゼロ各講師。自身のアレンジ作品、オリジナル作品をMusic Bellsより国内外にて出版中。
 これまでにトランペットを橋爪伴之、ヒロ・ノグチ、辻本憲一各氏に師事。テューバ奏者のレックス・マーティンをはじめ、タガ・ラーセン、クリスティアン・ステーンストロプ、ラインホルト・フリードリヒ、ビリー・ハンター各氏のマスタークラスを受講。日本では北村源三、佛坂咲千生各氏のマスタークラスを受講。
  現在は、ソロ・室内楽を中心に全国で活動している。音楽事務所ムジーク・ヴィ・ルフト代表。

 

使用楽器

■Bb管トランペット

 

V.Bach 180ML37SP

高校1年生でトランペットを始めて、1年の3学期に音大に行くことを決意。

その時に大フィルの師匠に「音大に行くならBachじゃないとダメ!!」と言われ購入(笑)

■C管トランペット

 

V.Bach C180L239

無事に相愛大学に入り、1回生の時オーケストラで使うから購入。

買ってからソロでもよく使うようになりました。

 

■Bb/A管ピッコロトランペット

 

Schilke P5-4GP

大学3回生の時に購入。

この時からブライダルの仕事も行きだして、本番でもピッコロを使う曲が増えました。

個人的にはピッコロがすごく好きです。

師匠の音に憧れてSchilkeにしました♪